950.png

8月7日週の相場展望

 2017-08-07
8月7日週の相場展望

先週のドル円は、ニューヨークダウが22000ドルを突破したにも関わらず、低調となり、一時は109円台に突入する形となりました。

低調となった要因は、3日に発表された非製造業・総合指数の不調(事前の市場予想は56.9だったが、結果は53.9)が挙げられるも、一番の原因は、トランプ政権に対する不信感でしょう。

ニューヨークダウが22000ドルを突破した翌日、トランプ大統領は、株価の好調が自分自身の政権運営が功を奏していると、全世界に対してアピールをしていたが、市場の見方は全くと言っていいほど違ます

確かに、現在のニューヨークダウが好調である要因は、アップルなどの大手企業の決算発表の内容が良好であることだからです。

このニューヨークダウの高騰を、自分自身の手柄であるようにアピールしても、国民の支持を得られる訳は無い。むしろ不信感は募るばかりです。

また、北朝鮮のミサイル問題も、全くと言っていいほど解決していない。現在、北朝鮮は、アメリカ、日本の警告を無視して遣りたい放題やっています。

このような地学的リスクも収まっていない限りは、ドル円の低調はとどまらないでしょう。

最終日4日(金)雇用統計の数値がよかったため、持ち直しているようにも見えるが、長期的にみると、ドル円が上昇する兆しは見られず、来週以降も軟調化する展開になると予想しています。

来週のドル円相場の予想=110円~111円

(注目の指標)

8/07(月)   16:30  英・ハリファックス住宅価格
8/08(火)   08:50  日・国際収支(貿易、経常収支)
8/08(火)   15:00  独・経常・貿易収支
8/09(水)   21:30  加・住宅建設許可
8/10(木)   06:00  NY・中銀政策金利発表
8/10(木)   17:30 英・貿易収支
8/10(木)   21:30 英・新規失業保険申請件数
8/11(金)   21:30 米・消費者物価指数
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

7月24日週の相場展望

 2017-07-23
7月24日週の相場展望

先週のドル円は、日経平均株価、ニューヨークダウがともに高値で推移したことにも関わらず、軟調に推移しました。

発表されている経済指標の数値も全般的に悪い数値では無く、ニューヨークダウも最高値を叩きだしているにも関わらず、ドル円は110円台を割り込みそうな勢いですね。

特に、最終日の21日(金)については、後ろ向きなニュース、指標発表などが無かったにも限らず、ニューヨークダウが下がったことをきっかけに、22時以降はじりじり下がる展開となった。

今回、円高方向となった要因は、トランプ政権の不信感が積もったことではないかと見ています。

日経平均株価、ニューヨークダウともに決して悪い方向にはいっていない状態であるにも関わらず、為替が軟調な展開であることは、市場にとってあまり良い展開とはいえません。

来週以降については、株価を押し上げるような要因も見当たらない為、ドル円は110円を目指すような展開となるのではないかと予想しています。

来週のドル円相場の予想=109円~111円
(注目の指標)

7/24(月)   21:30  独・製造業PMI
7/24(月)   21:30  独・サービス業PMI
7/24(月)   23:00  米・中古住宅販売件数
7/25(火)   17:00  独・IFO景況指数
7/26(水)   23:00  米・新築住宅販売件数
7/27(木)   03:00 米・FOMC政策金利発表
7/27(木)   21:30 米・耐久財受注
7/28(金)   21:30 米・四半期個人消費
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

7月17日週の相場展望

 2017-07-15
7月17日週の相場展望

先週のドル円は、日経平均株価、ニューヨークダウが堅調に推移したことを受けて、一時は114円台まで円安が進行した。

最終日の14日(金)こそ、米の小売売上高が予想よりも数値が悪かった(予想は前月比+0.1%、結果は前月比-0.2%)ことで、短時間で60pip以上も下がり、112円台まで下がったが、ドル円はまだ上昇の余地を残しているようです。

今のところ、日経平均株価、ニューヨークダウともに値下がりの余地は無い為、地学的リスクなど無い限り、来週以降は再び114円台を目指すような動きになりそうである。

7日(金)に発表された雇用統計の非農業部門の就業者数が予想よりも増加していたことから分かる様に、アメリカの景気は良好な状況にある。

しばらくは為替についても、112円~114円台を右往左往するのではないかと予想している為、112円台を付けている今こそエントリーするというのもアリではないかと思っている。

いずれにせよ、日本の市場が動く3連休明けに注目するべきである。

電気、ガス、石油製品の業種が出遅れている為、日経平均株価はまだ上昇の余地を残している。

日経平均株価が更に上昇すれば、市場全体もリスクオンの状態となり、ドル円も一気に115円台を目指す動きとなるでしょう。

来週のドル円相場の予想=112円~115円、ユーロ円=130円~132円

(注目の指標)

7/17(月)   21:30  米・NY連銀製造業景気指数
7/18(火)   07:45  米・四半期消費者物価指数
7/18(火)   17:30  英・小売売上物価指数
7/19(水)   21:30  米・建設許可指数
7/19(水)   21:30  米・住宅着工件数
7/20(木)   21:30 米・フィラデルフィア連銀景況指数
7/20(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
7/21(金)   21:30 加・小売売上高
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

7月3日週の相場展望

 2017-07-02
7月3日週の相場展望

先週のドル円は、変動するような特段大きな材料も無く、111円台~112円台を彷徨う展開となった。

株価、原油価格も落ち着いた動きとなっており、ドル円は現在、膠着状態にあると。

先週に引き続き、イベント、要人発言、経済指標発表に対しても、反応が非常に鈍い状態である。

地学的なリスクが無い限りは、しばらく110円後半~113円台をうろつくと予想しています。

来週についても、7月7日(金)の米の非農業部門雇用者数・失業率の指標以外は大きな動きがあるような発表は無い為、ドル円、株価ともに落ち着いた動きになりそうです。

気になる点としては、日経平均株価、ニューヨークダウともに高止まりしており、これ以上の値上がりがしなさそうな様子であるということである。

高止まりして推移している株価は、下落する時は非常に大きく動くことが多い為、株価の下落とともにドル円も一気にリスクオフの動きになる可能性もあります。

いずれにせよ、現在、ドル円は膠着状態にあり、読みづらい状態にあります。先週に引き続き、エントリーは慎重におこなうべきでしょう。

来週のドル円相場の予想=110円~113円

(注目の指標)

7/03(月)   08:50  日・日銀短観
7/03(月)   17:00  ユーロ圏・製造業PMI
7/03(月)   18:00  ユーロ圏・失業率
7/03(月)   23:00  米・ISM製造業景況指数
7/04(火)   10:30  豪・小売売上高
7/05(水)   18:00 ユーロ圏・小売売上高
7/06(木)   21:30 米・貿易収支
7/06(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
7/06(木)   23:00 米・ISM非製造業景況指数
7/07(金)   21:30 米・非農業部門雇用者数
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

6月25日週の相場展望

 2017-06-24
6月25日週の相場展望

先週のドル円は、株安を背景に、一時は111円台を割り込んだが、最終日の23日金曜日に原油相場が反発したことで、円高方向に歯止めがかかり、なんとか111円台をキープして、取引を終えた。

ここのところのドル円の動きは非常に鈍くなっている。

イベント、要人発言、経済指標に対しても、反応は非常に薄く、110円後半~112円台前半をうろついている状態であり、しばらくはそのような状態が続きそうである。

しばらくの間は、重要な指標も無く、株価についても大きく動くような要因も無い為
原油相場次第で方向感が決まりそうである。

もし、WTI原油相場が50ドル(現在は43ドル台)を超えるような動きとなった場合は、リスクオンの相場となり、ドル円も113円を超えてくるのではないでしょうか。

逆に40ドルを恒常的に割り込むような状態となった場合は、リスクオフの相場となり、ドル円は110円を割り込むそうである。

いずれにせよ7月一杯は、ドル円、株価についてはレンジ相場となりやすい為、慎重にエントリーをしていくべきでしょう。

来週のドル円相場の予想=110円~112円、ユーロ円=124円~126円

(注目の指標)

6/26(月)   17:00  独・IFO景況指数
6/26(月)   21:30  米・耐久財受注
6/27(火)   00:00  独・小売売上高指数
6/27(火)   23:00  米・CB消費者信頼感指数
6/28(水)   00:00  英・ネーションワイド住宅価格
6/28(水)   23:00 米・中古住宅販売保留指数
6/29(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
6/30(金)   21:30 米・個人所得(前月比)
6/30(金)   21:30 米・個人支出(前月比)
6/30(金)   23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫