950.png

6月27日週の相場展望

 2016-06-25
6月27日週の相場展望

先週は、全世界が注目していたイギリスのEU離脱・残留の国民投票がありました。事前予想では、残留が優勢ということで、一時1ドル=106円まで円安が進んだ。しかし、結果発表の数時間前になり、離脱派が優勢という報道が出たらすぐに1ドル=99円まで円高が進んだ。

また、日経平均についても大きく値下がりし、あっさりと14000円台まで下がりました。

この大幅な日経平均の下げ、円高の進行については、投票結果の発表前日までEU残留の予想が圧倒的に多かったための反動であることは言うまでもないでしょう。

 しかし、離脱に当たっては正式な「離脱通告」が必要であり、実際にイギリスがEUを正式に離脱するには2年かかります。

 しばらくは各国の政策協調の期待感、下がりすぎた株式相場の値ごろ感から、リスクオンムードにもなりそうな様子でもあります。

 実際にイギリスがEUを離脱することで、実経済に影響を受けるのは、まだまだ先の話であり、今は、「市場の失望売り」により、実態以上の円高、株安が進行してしまったといったところでしょう。

 特に来週については、僅か1日で1200円以上下げた日経平均株価の自律反発の可能性も高く、為替についても行き過ぎた円高に調整が入るのではないかと思われる。

 来週のドル円については、1ドル=102円~104円、日経平均については15000円~15500円を予想している。

(注目の指標)

6/27(月)   07:45  NZ・貿易収支
6/28(火)   23:00  米・CB消費者信頼感指数
6/29(水)   21:30   米・個人支出・個人所得
6/30(木)   21 :30  米・新規失業保険申請件数
7/01(金)   23:00  米・ISM製造業景況指数
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

6月20日週の相場展望

 2016-06-19
6月20日週の相場展望

先週は、米連邦準備制度理事会の追加利上げを受けて、ドル安・円高のスピードが加速し、あっさりと1ドル=103円台に突入した。

その後は、割安感から104円台まで回復したが、ドルの上値が重いことを露呈した週であった。

現在、日本は、アメリカ財務省より「為替報告書」の中で、「監視リスト」として指定されている。

これは、日本の為替介入(円安・ドル高方向へ持って行くため、円を売る)による動きをけん制する為であり、この「監視リスト」に指定されている限り、日本は安易な為替介入は出来ない状況にある。

加えて、日経平均株価の値下がりも円高のスピードを加速させている。もはや、円安・ドル高になる材料が全くと言っていいほど見当たらない。

個人的には、よく1ドル=104円台でとどまったといったところだろうか。また、来週は全世界が注目しているイギリスのEU離脱・残留を問う国民投票が23日(木)にある。

もし、離脱することで決まれれば、まず間違えなく1ドル=100円台はあっさりと切るでしょう。また、日経平均株価、ニューヨークダウもますます下がると思われる。

こうなると、リスク回避による円買い→ドル、ユーロなどの値下がり→日経平均株価、ニューヨークダウ値下がりの流れがしばらくは続くと思われる。

また、この急激な円高により、トヨタ、日産などの自動車メーカーの業績が悪化することで、下請けの中小、零細企業の仕事が減ると思われる。

そうなると、日本全体の経済状況も悪化するばかりであり、良くなる兆しも見当たらない。

来週については、不安要素をたくさん抱えてのスタートとなり、予想としては、1ドル=102円~98円と見ている。


(注目の指標)

6/20(月)   08:50  日・通関ベース貿易収支
6/23(木)   21:30  米・新規失業保険申請件数
6/24(木)   23:00   米・ミシガン大学消費者信頼感数
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

6月13日週の相場展望

 2016-06-11
(PR)
【断言します】
確実性の高い投資は競馬です。
今確実に稼ぐには競馬しかありません。
その理由とは意外なところにあった!?
http://www.win-best.net/sales7?aff_cd=200
無題1515



6月13日週の相場展望

先週は、非農業部門雇用者数の大幅悪化を受けて進んだ円高・ドル安が継続された形になった。

もはや、米連邦準備制度理事会の追加の利上げも難しく、これ以上のドルの値上がりは難しい状況であることを知らしめた週でもあったように思える。

 先週のドルの値動きを見ると、6月10日(金)の朝には、前日に106円20銭前半まで円高が進んだドルも、値ごろ感から1ドル=107円台まで戻した。

しかし、107円台からは、上値が重く、最終的には107円台で留まる形となった。

現時点で、ドルが買われる理由は無く、これからの流れとしては円高となっていくことでしょう。

先週も当記事で書かせてもらったように、今までは期待感だけで何とか110円台付近を保っていたのだが、今後は実態が反映されていくと思える。

 日経平均株価を見ても、16600円台と、実力以上の値段が付いているし、ニューヨークダウも17800ドル台と高値を付けており、リスクオンの流れには、なりにくくなっている。
 
加えて、イギリスのEU離脱の警戒感から、リスク回避ムードも広がっていることを考慮すると、ドル安・円高が進む材料は揃っていることは明らかである。

来週16日(木)は、遂に注目されているアメリカのFOMC政策金利発表である。ここで利上げという決断がくだされれば、少しはリスクオンの流れになりそうであるが、おそらく利上げは難しいでしょう。

 尚、同日の16(木)22:30は、アメリカの四半期経常収支(貿易収支、所得収支、サービス収支、経常移転収支の合計)の発表もある。

 16(木)の2つの経済指標は、発表後、前回も大きく値が動いた為、注目するべきである。ここで今後のドルの値動きの方向性が決まると思われます。

 来週の予想としては、1ドル=104円~106円台で落ち着くと思われます。

(注目の指標)

6/14(火)   21:30  米・小売売上高(前月比)/米・小売高(除自動車)
6/15(水)   03:00  米・FOMC政策金利発表
6/16(木)   21:30   米・四半期経常収支
6/16(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数


(PR)
【断言します】
確実性の高い投資は競馬です。
今確実に稼ぐには競馬しかありません。
その理由とは意外なところにあった!?
http://www.win-best.net/sales7?aff_cd=200
無題1515

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【固定】ドルスキャワールドでさらに勝率を上げるコツ

 2016-06-10
お世話になります。

この度は当ページをご覧頂きありがとうございます。

今回ドルスキャ購入者、並びに、これから検討されている方に使い方のヒントやアドバイスとして1つ良い使い方をご紹介できればと思います。


ドルスキャワールドFXの長所と短所の部分として

【長所】
1.緩やかなトレンドに強い(押し目買い・戻り売り)
2.レンジに強い

【短所】
1.急激な一方的トレンドに弱い
2.トレンド転換に弱い

という部分があります。

この長所と短所の部分を再度検討し時間帯別にエントリーを検討し、以下の結果が出ました。

まずトレンドが出やすい、トレンド転換しやすい時間

※緑が推奨時間
※赤は禁止時間

8:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
9:00 トレンド開始(東京開始)
10:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
11:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
12:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
13:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
14:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド

15:00 トレンド転換の可能性(東京終了)
16:00 トレンド開始(欧州)

17:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
18:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
19:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
20:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
21:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド&指標

22:00 トレンド初動&指標
23:00 トレンド(NY&欧州)
24:00 トレンド(NY&欧州)
0:00 トレンド
1:00 トレンド
2:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド
3:00 基本的にレンジか緩やかなトレンド


という感じの図式になるかと存じます。


これをドルスキャワールドの成績を反映させると
(色は先ほどと同じ色です。)

8:00 74.5%
9:00 61.7%
10:00 73.6%
11:00 75.7%
12:00 77.0%

13:00 69.7%
14:00 69.7%

15:00 62.1%
16:00 56.0%

17:00 74.6%
18:00 77.6%
19:00 74.6%
20:00 84.3%
21:00 80.0%

22:00 72.0%
23:00 62.8%
0:00 72.0%
1:00 70.9%
2:00 74.5%
3:00 79.6%



ドルスキャの弱点としては

大きなトレンドが出ても、勝つpipはほとんど上がらない

という弱点があります。

その分、勝率良く勝ちを重ねることが大切になります。


それを踏まえた上で、より安定して勝つには

8:00-9:00 早朝
10:00-13:00 午前から昼過ぎ
17:00-22:00 夕方から夜
2:00-4:00 深夜


この4つだけに絞った方がドルスキャの場合は精度がより良くなります。


もし上記の4つの時間どれもトレードできる時間が無いという方にはあまり向いていないかも知れませんが

1つでも時間を使える時間帯がある方は是非絞ってみて下さい。


以上

勝率を上げるコツでした。
カテゴリ :ドルスキャワールドFX成績 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

6月06日週の相場展望

 2016-06-05
6月06日週の相場展望

先週は、米連邦準備制度理事会の早期追加利上げの期待感、ニューヨークダウが堅調に推移したことなどにより、ドルは、一時的に1ドル=111円台をつけた。

しかし、最終日の3日(金)に発表のあった非農業部門雇用者数の増加が専門家の予想よりも大幅に悪かった為、(予想では16万人前後の増加だが実際は3万8000人の増加)
短時間で2円以上の円高が進み、1ドル=106円台で落ち着くことになった。

非農業部門雇用者数の大幅悪化に加え、今まで期待されていた米連邦準備制度理事会の追加利上げが難しくなったという観測が広がったことも円高の要因となっているようだ。

しかし、この円高の理由を筆者は、今まで期待感だけで上がっていたドルが、本来落ち着くべき値段に動き始めている為ではないかと見ている。

4月後半当たりから、伊勢志摩サミット後の政策実施期待感、米連邦準備制度理事会の利上げ期待感など、根拠のない「期待感」から日経平均株価、ニューヨークダウも値上がりした。

実態の無い値上がりは急激に調整されたといったところでしょうか。また、来週以降もドルが値上がりするような要素はなさそうである。

 一つだけドルにとって、「良材料」は、3日(金)に発表された失業率の低下である。

4.7%と、前回よりも0.3%低くなっていることから、かなり低い水準にあることがわかる。

この失業率の低下の事実を市場がもっと注目してくれれば、リスクオンの流れになり、ドルも買われる方向にいくように思えますが、実際は違うようです。

また、先週発表された消費税増税見送りが、国内景気の追い風となり、日経平均株価の押し上げにつながる期待感もあったが、どうやら期待外れであったようである。

来週以降は、日経平均株価、ニューヨークダウともにかなり厳しい状況になりそうであり、ドルについても円高が進むことが予想される。

6月6日~6月10日 ドル・円相場としては、1ドル=105円~102円を予想している。
(注目の指標)

6/07日   13:30  豪・中銀政策金利発表
6/09日   21:30   米・新規失業保険申請件数
6/10日   23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫