950.png

1月2日週の相場展望

 2016-12-31
絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1


1月2日週の相場展望

12月26日~12月30日の間は先週に引き続きニューヨークダウ、日経平均株価ともに上値が重い状態となった。

ドル円に関しても、最終的には116円台で落ち着いた。1日1円以上値動きしていた頃と比べると、比較的に落ち着いた値動きになってきたようである。

ドル円に関しては、これ以上の円安になる要素が見当たらない。トランプ相場の落ち着きにより株価もこれ以上の上昇は見込めない為、年明けからは円高方向になると予想している。

 年明け注目するべき指標は1月6日(金)の米・非農業部門雇用者数・失業率の発表である。

ここでは非農業部門の失業率、平均時給などの数値が出る。予想よりも悪い数値が出た場合は一気に円高方向になる可能性もある。

2016年1月の非農業部門雇用者数・失業率発表後の値動きを見ると、指標発表直後は失業率の改善(2016年1月発表の失業率は5.0%、2015年1月~11月の失業率は5.1%~5.7%となっている)から、円安に進んでいる。

しかし、週明けの1月9日からは同時刻に発表された平均時給が横ばいであったことを理由に円高方向となった。

いずれにせよ、ここ最近の日経平均株価、ニューヨークダウ、ドル円の値上がりは急激すぎることもある為、2017年前半には調整されていくと予想している。

来週のドル円相場の予想=115円~116円、ユーロ円=122円~124円

(注目の指標)

1/2(月)    08:30  ユーロ圏・製造業PMI
1/3(火)    17:55  独・失業率
1/3(火)    18:30  英・製造業PMI
1/4(水)    04:00 米・FOMC議事録公表
1/5(木)    22:30 米・新規失業保険申請件数
1/6(金)    22:30 米・非農業部門雇用者数・失業率


絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

12月26日週の相場展望

 2016-12-24
絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1


先週は、ニューヨークダウ、日経平均ともに利益確定売りにより、上値が重い状態となった。

トランプ相場による上昇も一服したといったところか。年末に入る次週は市場参加者も少ないことから、横ばいの相場になりそうである。

株価の上昇が穏やかになったことを受けて、ドル円の上値も重い状態となった。

最終日の23日(金)を見ると、12月のミシガン大学消費者信頼感指数が98.2と上方に修正されたことや、米国の11月新築住宅件数が59.2万件となったことを受けて、円安の流れになるかと予想された。

しかし、その後、米国10年国債の金利が2.52%まで下がったことで、結局、ドル円は117円35銭と落ち着いた。

現状、117円台~118円台で落ち着いているドル円だが、次週以降はどう動くかが、見通しがつかない。

欧州で経営難となっているイタリア銀行のモンテ・ディ・パスキ・ディ・シエナの救済措置問題も出ている。

問題が悪化すると、株価、ドル円ともに大きなマイナスの材料となる可能性もある為、極的なリスクをとる行動は避けたほうが無難であろう。

来週のドル円相場の予想=117円~118円、ユーロ円=122円~124円

(注目の指標)

12/27(火)  08:30  日・完全失業率
12/27(火)  08:30  日・全国消費者物価指数
12/28(水)  00:00  米・CB消費者信頼感指数
12/29(木)  00:00 米・中古住宅販売保留指数
12/29(木)  22:30 米・新規失業保険申請件数
12/30(金)  23:45 米・シカゴ購買部協会景気指数

絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

12月19日週の相場展望

 2016-12-18
毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1


12月19日週の相場展望

先週は、FBRの利上げを大きく受けて、ドル円は一気に118円台に突入した。来週早々には120円を目指す勢いが間違いなくある。

日経平均株価も今年の最高値となる1万9400円台をマークし、ニューヨクダウも19843ドルで取引を終えており、リスクオンの相場となっている。

米リッチモンド連銀のラッカー総裁は、2017年は3回以上利上げの可能性があることも示唆しており、長期的に円安の局面に入っているようにも見える。

しかし、先週からお伝えしている通り、今のドル円、日経平均株価、ニューヨークダウは投機的な動きに支えられて騰がっている要素が強く、決して真の実力を示した数値ではないかと思う。

トランプ氏が大統領に就任することが決まった11月から現在まででドル円は15円以上の円安となった。

 過去のドル円の動きを見ていても、短期で急激に動いた為替はどこで調整が入り、戻ることが多い為、現時点での過剰なドル買いは高値掴みになる可能性も高いと筆者は考えている。

来週のドル円相場の予想=119円~121円、ユーロ円=123円~125円

(注目の指標)

12/19(月)  08:50  日・通関ベース貿易収支
12/20(火)  18:30  ユーロ圏経常収支
12/22(木)  22:30  米・耐久財受注・四半期GDP・新規失業保険申請件数
12/23(金)  00:00 米・個人所得・個人支出
12/24(土)  00:00 米・ミシガン大学消費者信頼感数


毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

12月12日週の相場展望

 2016-12-11
老後が心配
借金がある
収入を増やしたい方はこちら
http://www.5il.org/?code=4202


12月12日週の相場展望

先週は、米国10年国債利回りが2.40%から2.44%台まで上昇したことに加え、欧州中央銀行が量的緩和を下にした債券購入プログラムを2017年12月まで延長し、ユーロ売りが加速した為、ドル買いが進んだ。

日経平均株価、ニューヨークダウも堅調に推移した。日経平均株価は18900円台、ニューヨークダウは19700ドル台の高値を付けた。

リスクオンの相場を受けて、ドル円についても順調に上昇し、115円台を付けた。最終日の9日(金)に発表されたミシガン大消費者信頼感も予想を大きく上回り、一時は利益確定で114円台まで下がったドル円ですが、最終的には115円台で落ち着いた。

しかし、筆者は先週お伝えした通り、今のドル円、日経平均株価、ニューヨークダウは期待感から上がっているだけで、今の経済状況を踏まえた動きをしていないように思える。

ドル円がいつまでも上がるとは考えずらく、120円手前まで円安・ドル高が進んだ後は、再び110円割れを目指すのではないかと思う。

上がり過ぎている株価、ドル円に対しての調整がいつ入るかは定かではなないが、積極的にリスクをとる動きは高値を掴むことになる為、今は控えたほうが良さそうである。

来週のドル円相場の予想=115円~116円、ユーロ円=119円~121円
(注目の指標)

12/12(月)  08:50  日・機械受注
12/13(火)  18:30  英・消費者物価指数
12/14(水)  22:30  米・小売売上高
12/15(木)  22:30 米・NY連銀製造景気指数
12/16(金)  22:30 米・住宅着工件数


老後が心配
借金がある
収入を増やしたい方はこちら
http://www.5il.org/?code=4202

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

12月5日週の相場展望

 2016-12-04
2CHで話題のボート予想サイト
今月の始めにもこの通りに買って200万ゲットした
http://www.yhs-netb.com/pbe/?mkkna&cc=mkkna


12月5日週の相場展望

先週はOPECが8年ぶりに原油の減産に合意したことから、リスクオンの相場となり、ドル円も引き続き上昇し続けた。

一時は114円後半まで円安・ドル高となったが、ここまで円安・ドル高が進んだ背景として、原油安の影響を受けている新興国の経済が原油価格の上昇によって回復するのではないかという市場の「憶測」がある。

また、ここ数か月の日経平均株価、ニューヨークダウの上昇を見ても、この市場のポジティブな「憶測」により上昇しており、実力以上の値がついている状態であるといってもいいだろう。

この投機的な勢いが削がれてしまう要因は今のところ無い為、年内には日経平均株価20000円台、ニューヨークダウは21000ドル台を目指すような勢いがある。そうなると、ドル円もあっと言う間に120円台をつけるのではないかと思われる。

しかし、筆者はトランプ政権に対するハネムーン期間が過ぎた後は再びリスクオフの相場になるのではないかと見ている。

そうなるとドル円は再び110円をきるような円高になるのではないかと予想している。

いずれにせよ、年内はリスクオンの相場が続くことが予想され、ドル円は来週も安定した値動きをするのではないかと思われる。

来週の予想 ドル=114円~116円、ユーロ=121円~124円

(注目の指標)

12/05(月)  00:00  米・ISM非製造業景況指数
12/06(火)  22:30  米・貿易収支
12/06(火)  00:00  米・製造業受注
12/07(水)  08:50 日・四半期GDP
12/08(木)  22:30 米・新規失業保険申請件数
12/09(金)  18:30  英・貿易収支


2CHで話題のボート予想サイト
今月の始めにもこの通りに買って200万ゲットした
http://www.yhs-netb.com/pbe/?mkkna&cc=mkkna
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫