950.png
f5959.png

2月22日からのFX相場展望

 2016-02-21
カズヤングです☆

本日もFX新聞にお越し頂き、誠にありがとうございます。

――――――――――――――――――――――
☆2月22日からのFX相場展望
――――――――――――――――――――――
2月22日週の相場展望

ドルに関しては、先週に引き続き上値を抑えられた値動きでした。2月15日~2月18日までの間は、日経平均株価、ニューヨークダウの値上がりを背景に、113円台~114円台をうろつような形となったが、最終日の2月19日には、あっさり下落するという結果になりました。

日経平均株価、ニューヨークダウの値下がりなどの要因もあるが、あまりにもドル安のスピードが速くなっていると言えます。

19日に発表されたアメリカの経済動向に先行するフィラデルフィア半導体株指数(フィラデルフィア取引所が発表している指数。具体的には、半導体関連、電子部品、コンピューター、ロボットなどに関する銘柄であり、収益力のある優良株が多いことが特徴となっている。日本の半導体関連株にも大きな影響を与えることが多い重要な指標)は前日比0.5%となっていることから、米国経済の先行きはそこまで悪くはなさそうな様子です。

しかし、今年に入ってから、ちょっとしたマイナス要因に、敏感に反応して、ドルは過剰なほどに売られている状況です。言い換えると、投資家がリスクを全くとならない逃げ腰な状態となっています。
しばらくは、この投資家の行動は変わることがなさそうであり、日経平均、ニューヨークダウの上値も、一時的な値上がりはあるものの、上昇トレンドに転換するには、時間がかかると予想されます。
それに伴い、ドルについてもしばらくは上値が重い動きをすることが予想される為、来週の予想としては、1ドル=112円~114円の間を動くのではないでしょうか。また、発表される指標が予想よりも悪化した場合は、1ドル=110円割れもいとも簡単に実現しそうです。

(注目の指標)
2/24日 24:00  米・住宅販売件数
2/25日 22:30  米・新規失業保険申請件数
2/26日 22:30  米・四半期個人消費

おそらく予想よりも、悪い数値が出るとは思えません。特に2/26日の米・四半期個人消費については、前回は指標発表直後に30pip前後値上がりしております。しかし、現在、ドルは上値を抑えられた形で推移しており、指標の数値が良くても、一時的な値上がりで終わりそうな見込みです。

――――――――――――――――――――――
☆知っておきたいミニ知識
――――――――――――――――――――――

1.買いと売りどちらが稼ぎやすい?
2.初心者はUSDやEURをやるべきなのか?
3.勝てるFX業者はあるのか?
4.安全性や信頼度の高い会社って何?
5..スワップ運用って本当に稼げるの?
6.スプレッドの重要性
7.FXで勝てる手法とは?
8.レバレッジは低いほうが安全か?
9.勝てるテクニカルはあるのか?


――――――――――――――――――――――
☆1週間で勝ち組になれるメールでFXセミナー
――――――――――――――――――――――

バナー1






――――――――――――――――――――――
☆初心者にオススメで私も使っているツールです。
――――――――――――――――――――――



1133.jpg

私のリンクからお申し込みの方に限り

私が使っている手法を教えます。 

単純にドラストを使うよりももっと

リスクが少なく、安定したドラストの使い方を教えます。

FX初心者でも稼げるようになります。

お申し込み完了後

kinmashinbun@yahoo.co.jpまで「特典希望」とメール下さい。

↓特典付きお申し込みはこちら↓
ドラゴン・ストラテジーFX
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫