950.png
f5959.png

3月7日からのFX相場展望

 2016-03-07
カズヤングです☆

本日もFX新聞にお越し頂き、誠にありがとうございます。

――――――――――――――――――――――
☆3月7日からのFX相場展望
――――――――――――――――――――――

3月7日週の相場展望

先週の相場を振り返ると、ドルに関しては、日経平均の17000円台回復、ニューヨークダウの17000ドル突破、原油価格が1バレル=36ドル台への回復などを背景に、1ドル112円後半~114円台をさまよう形にまで回復した。

一時は、110円割れを試していた時期と比較すると、だいぶ値動きは、上昇基調になりつつあるようにも見える。

しかし、最終日である米国の雇用統計後の値動きを見ると、失業率4.9%という予想通りの数値、非農業部門雇用者数の予想以上の増加(事前予想は19万5000人でしたが、実際は24万2000人)という好材料があったが、ドルの値上がりは114円前半にとどまり、その後は、113円後半まで値下がるという形で、取引を終了しました。

さらに付け加えると、日経平均、上海株、ニューヨークダウ、原油価格も値上がりしていることから、ドルにとっては好材料が揃っているにも関わらず、上値を抑えられた形で終了している。

これだけの好材料が揃っていれば、1ドル=115円台の回復はいとも簡単に行くはずです。しかし、本格的なドルの上昇にはまだまだ時間がかかるのではないかという市場の見方により、上値が抑えられているのではないかと思われます。

今後についても、市場が1ドル=114円台以上になると、高値という見方をされてしまい、ドルが売られてしまうという展開はまだまだ続きそうである。来週以降も1ドル=112円~114円前半をうろつくのではないかと思います。

また、ドルにとっての悪材料には、大変敏感に反応しやすい状況である為、引き続き1ドル=110円割れも視野に入れる必要はありそうです。

(注目の指標)

2/24日 24:00  米・住宅販売件数
3/10日 22:30  米・新規失業保険申請件数
3/11日 22:30  米・輸入物価指数

まだまだ、上値を抑えられた展開が続くことから、指標数値が予想よりも良かったとしても、値上がりは限定的に終わるのではないでしょうか。逆に予想よりも悪かった場合は、下落基調のきっかけにもなりそうです。

――――――――――――――――――――――
☆知っておきたいミニ知識
――――――――――――――――――――――

1.買いと売りどちらが稼ぎやすい?
2.初心者はUSDやEURをやるべきなのか?
3.勝てるFX業者はあるのか?
4.安全性や信頼度の高い会社って何?
5..スワップ運用って本当に稼げるの?
6.スプレッドの重要性
7.FXで勝てる手法とは?
8.レバレッジは低いほうが安全か?
9.勝てるテクニカルはあるのか?


――――――――――――――――――――――
☆1週間で勝ち組になれるメールでFXセミナー
――――――――――――――――――――――

バナー1






――――――――――――――――――――――
☆初心者にオススメで私も使っているツールです。
――――――――――――――――――――――



1133.jpg

私のリンクからお申し込みの方に限り

私が使っている手法を教えます。 

単純にドラストを使うよりももっと

リスクが少なく、安定したドラストの使い方を教えます。

FX初心者でも稼げるようになります。

お申し込み完了後

kinmashinbun@yahoo.co.jpまで「特典希望」とメール下さい。

↓特典付きお申し込みはこちら↓
ドラゴン・ストラテジーFX
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫