950.png
f5959.png

8月1日週の相場展望

 2016-07-31
(PR)
副収入が20万円欲しい方を探しています。
パソコンのスキルも要りません。
空いた時間に簡単作業で20万稼げます。
http://astecc.xyz/lp1?122

adk56


8月1日週の相場展望

 先週は、ドル、ユーロともに値動きの荒い週となった。

特にドルについては1ドル=106円台から開始したが、様々なイベントを迎えて、最終的には102円台で取引を終えた。

 特に激しく値動きしたイベントは日銀の金融政策決定会合の後でした。追加緩和を決めた後は、103円台から短時間で105円台まで円安が進んだが、その後、最低限の内容との評価を受けて、101円台まで円高が進んだ。

 先週の値動きを見ていると、実態を伴わないイベントが絡んだ投機的な値動きが目立った。

 ドルの値動きに連動している日経平均株価、ニューヨークダウを見てみると、日経平均株価は16000円後半、ニューヨークダウは18000ドル台と比較的に安定した値動きにある。

 ドル・円相場だけが実態を伴わない投機的な動きをしているようである。これは、来週以降も継続しそうである。

 特に来週は、8月2日(火)は、日本:経済政策の閣議決定、8月3日(水)~4(木)イギリス:金融政策委員会の開催(政策金利発表、資産購入枠、四半期インフレ報告などの同時発表)、8月5日(金)はアメリカ:雇用統計発表と、重要なイベントが続く。

 為替の値動きに大きな影響を与えるイベントばかりであり、発表直後の値動きに注意するべきです。

 来週の予想・・・1ドル=100円~105円、1ユーロ=112円~118円

(注目の指標)

8/01(月)   17:00  ユーロ圏・製造業PMI(確報値)
8/01(月)   17:30  英・製造業PMI
8/02(水)   21:30  米・個人所得
8/02(水)   21:30 米・個人支出
8/03(水)   21:15  米・ADP民間雇用数
8/03(水)   23:00   米・ISM非製造業景況指数
8/05(金)   21:30  米・非農業部門雇用者数・失業率


(PR)
副収入が20万円欲しい方を探しています。
パソコンのスキルも要りません。
空いた時間に簡単作業で20万稼げます。
http://astecc.xyz/lp1?122

adk56
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫