950.png
f5959.png

8月22日週の相場展望

 2016-08-27
8月22日週の相場展望

先週のドルは、利上げ観測が高まったことで、何とか1ドル=100円台をキープした状態で取引を終えることができた。

しかし、利上げするということは、決定ではなく、あくまで可能性が高くなったという状態である。観測だけが強まって、実際利上げをしなかった場合については、暴落することは目に見えている。

現在、1ドル=100円台だけは何とか切らない状態にある。しかし、利上げすることが否定されたり、地理的なリスク、ニューヨークダウ、日経平均株価の動きによっては、すぐにでも100円を割ることになるであろう。

先週と同様にはなるが、今の状況では、円安になる要素が全くと言いほどなく、リスクをとる行動は避けるべきと筆者は考えている。

日経平均株価についても、円高により、輸出企業の業績は予想よりも大幅に減益となることは見通されていることから、今後は更に下がることを想定するべきである。

日経平均株価が下がった場合は、リスクオフの動きが強まり、ますます安全資産である円が買われるであろう。

先週に引き続き、当面の間は、外貨の買いは控えたほうがよさそうである。特にドルについては、利上げがあろうと無かろうと今以上に円安になることは考えずらい状況にある。

来週に関しては、2日の雇用統計以外、特に注目するべき指標などは無さそうであるが、こういった円高傾向の時は、少しでも指標結果が予想よりも悪いと、過剰に反応して、急激に円高となることが多い。

指標発表後の値動きには注意をしたほうがよさそうである。

来週の予想・・・1ドル=98円~101円、1ユーロ=106円~109円

(注目の指標)

8/29(月)   21:30  米・7月個人所得
8/30(火)   23:00  米・8月消費者信頼感指数
8/31(水)   21:15  米・8月ADP全国雇用数
9/02(金)   21:30 米・8月失業率・平均時給・非農業部門雇用者数
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫