950.png

9月26日週の相場展望

 2016-09-24
9月26日週の相場展望

先週は20日~21日に開かれた米連邦公開市場委員会会合で、金利が据え置きになったこと、今年の12月を目途に政策金利の引き上げする根拠が強まったことなどで、ドル円は101円台をキープした。

次週、注目するべきイベントは26日に開かれる民主党のクリントン候補、共和党のトランプ候補のテレビ討論会である。

11月8日の米大統領選までは、クリントン氏が優勢になればリスク選好のドル買い、トランプ氏が優勢となればリスク回避のドル売り・円買いの流れとなっていくであろう。

もはや日銀の追加緩和策の効果は限定的である。2%物価上昇の目標も達成できておらず、個人消費もここ最近は低迷状態である。

円安・ドル高傾向になる為には、1・・米が12月に利上げするかどうか 2・・民主党のクリントン氏の大統領選勝利 の2点にかかっている。

 先週からレポートしているように、このままドル・円が100円を切るような円高状態となると、輸出企業を中心に日本の経済状況にも大きく影響する。そうなると、日経平均株価も急激に下がり、アメリカなどの国にも波及していく恐れがある。

 筆者としては、年内一杯は積極的なリスク選好の行動は避けるべきであると考えている。いずれにせよ、1ドル=100円を切ることを前提にしておくべきであろう。

来週の予想・・・1ドル=101円~100円、1ユーロ=110円~113円

(注目の指標)

9/26(月)   23:00  米・新築住宅販売件数
9/27(火)   23:00  米・CB消費者信頼感指数
9/28(水)   21:30  米・耐久財受注(前月比)/米・耐久財受注(除輸送機器)
9/29(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
9/30(金)   23:00  米・ミシガン大学消費者信頼感指数
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫