950.png

11月21日週の相場展望

 2016-11-20
競艇は圧倒的に当てやすい。
今なら3万円分の予想を無料で提供します。
http://www.million-b.net/?mykks&cc=mykks


11月21日週の相場展望

先週の株式市場の状況はまさに「トランプ」相場と呼ばれるのに相応しい週であった。

日経平均株価は18000円台、ニューヨークダウは19000ドル台と高値をつけており、日米ともにしばらくは株価の上値を追いかける展開が続くのではないかと思える週となった。

この日米株価上昇に伴い、ドル円の円安スピードも急激に加速し、あっと言う間に110円台を突破した週でもあった。

正直、ここまで株価が騰がり、円安が進む事態は誰も想像していなかったのではないでしょうか。

現在の株式市場、ドル円相場を支えているのは、トランプ氏に対する政策期待感であり、実力以上の数値が出ている状態と言っていいだろう。この状態は11月21日週以降もしばらくは続きそうである。

 何故なら、新政権からの100日間は「ハネムーン期間」とされ、メディアもトランプ政権に対して積極的な批判ができない状態だからである。

現在は実態の伴わない株価、円安を引き出しやすい状態にあると言っていいだろう。

現在のような実態のない動きは、どこかの時点で一気に反転するのではないかと見ている。

 この期待感のみで動いている相場に手を出すのはリスクがあると筆者は思っている。いずれにせよこの「ハネムーン期間」が終わった後は、ドル円も100円を切るような動きになる可能性も充分にあることを念頭に置いて行動するべきだと思っている。

 利上げに関しても、12月に実行される見方が強まっているが、あくまでも予想。実際に見送られた時は失望感からリスクオフの相場となり、円高相場のきっかけになりうることも充分に考えられる。

来週の予想 ドル=108円~112円、ユーロ=114円~120円

(注目の指標)

11/21(月)  08:50  日・通関ベース貿易収支
11/23(水)  00:00  米・中古住宅販売件数
11/23(火)  22:30  米・新規失業保険申請件数
11/24(木)  04:00 米・FOMC議事録公表
11/24(木)  22:30 米・四半期GDP


競艇は圧倒的に当てやすい。
今なら3万円分の予想を無料で提供します。
http://www.million-b.net/?mykks&cc=mykks
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫