950.png

2月27日週の相場展望

 2017-02-26
投資家が絶賛したサイト
今なら2週間無料情報提供中
http://horsebacle.com/?AD_CODE=3065_00000


2月27日週の相場展望

先週のドル円は、米債券利回りの低下が売りの材料となり、112円台まで円高が進んだ。

現在のアメリカ市場を見ると、ニューヨークダウは騰がり続けているにも関わらず、安全資産である国債が買われ続けているという、アンバランスな状態が続いている。

国債が買われ続けている理由としては、現在のトランプ政権に対しての懐疑的な見方が広まっている為である。

リスクオンの株式市場、リスクオフの債権市場が共同していることが、ドル円が騰がらない理由となっているようだ。

来週以降は、トランプ大統領の演説次第で、相場が大きく変動しそうである。雇用を生み出すような政策を発表したりなど前向きな演説の場合は、ドル円も一気に騰がるのではないかと見ている。

また、米の3月利上げに関する情報も注目するべきである。利上げが示唆された場合、南アフリカランドは8円60銭台、トルコリラは31円台と資源国の高金利通貨はやや高値をつけている状況の為、一気にドル円へ資金が流れる可能性も高い。


来週のドル円相場の予想=110円~112円、ユーロ円=116円~118円

(注目の指標)

2/27(月)   19:00  ユーロ・業況判断指数
2/27(月)   22:30  米・耐久財受注(前月比)
2/28(火)   23:45  米・シカゴ購買部協会景気指数
3/01(水)   22:30 米・個人所得
3/01(水)   22:30 米・個人支出
3/02(木)   00:00 米・ISM製造業景況指数


投資家が絶賛したサイト
今なら2週間無料情報提供中
http://horsebacle.com/?AD_CODE=3065_00000
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫