950.png
f5959.png

5月1日週の相場展望

 2017-04-30
競馬の無料予想サイトを検証、2chの評判や料金、詐欺判定

【本命重視】本命系予想サイト
【大穴重視】穴系予想サイト
【的中率重視】的中率重視サイト
【回収率重視】回収率重視サイト
【アナログ予想】展開や騎手、独自観点などアナログ予想
【データ予想】過去統計系などのデータ予想
【無料予想】無料予想配信あり
【スマホOK】スマホでも閲覧可能

仕分けして競馬サイトランキングを公開!

【あなたに合うサイト教えます】
http://keibahyouban1.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



5月1日週の相場展望

先週のドル円は、北朝鮮のリスクが後退したこと、ニューヨークダウ、日経平均株価が高値圏で推移したことにより、111円台で落ち着いた。

来週は、日本、欧州の株式市場は祝日に入る為、株式市場の動きは閑散となる。

北朝鮮、アメリカに大きな動きが無い限りは、ドル円についての動きは鈍くなるのではないかと筆者は予想している。

本格的に動くのはゴールデンウィーク明けの5月8日(月)以降と見ているが、米の税制改革案に対する期待、6月利上げ観測の高まりにより、しばらくはドル買い、円売りが続くのではないだろうか。

5月5日(金)に発表される米の非農業部門雇用者数、失業率にも注目したい。

ここで失業率が前回発表時(4.7%)と同じもしくは低い数値が出た場合、当日中に113円まで騰がる可能性がある。

113円台をつければ、おそらく再来週中には115円台を突き抜けていくと思われる。そうなれば、日経平均株価、ニューヨークダウも急激に騰がる可能性もある。

いずれにせよ5月中には120円台を目指すような動きをするのではないか?と予想している。

しばらくはドル円の値上がりに期待が持てそうである。

来週のドル円相場の予想=111円~112円、ユーロ円=120円~121円

(注目の指標)

5/01(月)   21:30  米・個人所得、個人支出
5/01(月)   23:00  米・建設支出
5/02(火)   18:00  ユーロ圏・失業率
5/03(水)   21:15  米・ADP民間雇用者数
5/04(木)   03:00 米・FOMC政策金利発表
5/04(木)   21:30 米・貿易収支
5/04(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
5/05(金)   21:30 米・非農業部門雇用者数・失業率

関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫