950.png

5月8日週の相場展望

 2017-05-07
5月8日週の相場展望

先週のドル円は、日経平均株価が19000円以上で推移したこと、ニューヨークダウが21000ドルを突破したこと、原油、ヒーティングオイルなどのエネルギーの価格が堅調に推移したことなどを受けて、一時は113円台まで騰った。

来週より日本、欧州の株式市場も動き始める為、ドル円の動きもさらに活発化するであろう。

先週からお伝えしている通り、ドル円に関しては、早期の利上げ観測も高まっており、しばらくは騰がり続けるのではないかと、筆者は予想している。

5日(金)に発表された4月度の失業率についても、4.4%と、最近5年間の中でも、一番低い失業率となっている。

トランプ大統領の税制改革にも期待感が高まっている為、後は、北朝鮮とアメリカに大きな動きが無ければ、ドル円は、5月中に120円台まで騰がっても不思議ではないだろう。

日経平均株価、ニューヨークダウの動きにも注目したい。株価が堅調に推移している時は、円安も持続しやすくなっている。

いずれにせよ、しばらくはドル円の値上がりに期待できそうである。

来週のドル円相場の予想=113円~114円、ユーロ円=123円~124円

(注目の指標)

5/08(月)   10:30  豪・住宅建設許可
5/08(月)   15:00  独・製造業受注
5/09(火)   10:30  豪・小売売上高
5/09(火)   15:00  独・貿易収支
5/09(火)   15:00 独・経常収支
5/10(水)   21:30 米・輸入物価指数
5/11(木)   21:30 米・生産者物価指数
5/12(金)   21:30 米・消費者物価指数
5/12(金)   21:30 米・小売売上高
5/12(金)   23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫