950.png
f5959.png

5月29日週の相場展望

 2017-05-27
株で稼ぐための具体的な手法を公開
情報通りに売買して
30万を150万にしたい方はこちら
http://kabustock.jp/page/lp01/?m=me06



5月29日週の相場展望

先週のドル円は、過激派組織ISがイギリスのマンチェスターにて自爆テロを起こしたことに加え、ニューヨークダウが7営業日ぶりに反落したことなどを受けて、リスクオフの相場となった為、一時は110円台まで円高が進んだ。

最終日については、エネルギー市場の値上がりからドル円にも買いが入り、最終的には111円30銭台で取引を終えている。

来週の初日29日はアメリカが休場な為、海外勢の参加は少なくなります。

流動性に乏しい市場では、ちょっとしたイベントがあると、相場が一方的な動きになる可能性も充分あります。

また、現在、米の政治的なリスクは全くと言っていいほど収まっておらず、世界情勢をみても、イギリスで過激派によるテロが起きたり、北朝鮮によるミサイル発射も実行されたりなどで市場が不安定になる要素が沢山ある状態である。

先週に引き続き、トランプ大統領の発言、行動、世界情勢について動向を見守るべきでしょう。

尚、指標発表についても注目するべきです。来週の2日(金)は、メインイベントとも言える米の「非農業部門雇用者数・失業率」の発表です。

ここで、市場の予想よりも悪い数値が出た場合は、一気にリスクオフの心理が働き、ドル円は一気に110円台を割り込む可能性もある。

正直、市場の予想は最近全くといいほど当てになっていない。指標発表前のエントリーは避けるべきだと筆者は考えている。

来週のドル円相場の予想=110円~112円、ユーロ円=123円~125円

(注目の指標)

5/30(火)   07:45  NZ・住宅建設許可
5/30(火)   08:30  日・完全失業率
5/30(火)   21:30  米・個人所得、支出
5/30(火)   23:00  米・CB消費者信頼感指数
5/31(水)   15:00 独・小売売上高指数
5/31(水)   16:55 独・失業率
5/31(水)   18:00 ユーロ圏・失業率
6/01(木)   21:30 米・新規失業保険申請数
6/02(金)   21:30 米・非農業部門雇用者数・失業率


株で稼ぐための具体的な手法を公開
情報通りに売買して
30万を150万にしたい方はこちら
http://kabustock.jp/page/lp01/?m=me06
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫