950.png

6月19日週の相場展望

 2017-06-18
証券経験30年以上のベテランアナリストが提供する急騰テーマ株
無料投資情報をはじめそのノウハウもご紹介!
プレミアムな投資情報が満載の有料サービスはリピーター続出中!
メールアドレス入力で有望株の銘柄コードを即時提供中
http://lp01.investorpremium.jp/?m=as06



6月19日週の相場展望

先週のドル円は、非常に方向感の無い動きとなった。

注目されていた、米・FOMCの政策金利発表の直後も、前回より0.25%(前回発表1.0%、今回発表1.25%)アップしたにも関わらず、指標発表直後は、僅かに9pipのみしか動いておらず、限定的な動きとなった。

週全体で見ても、111円台~109円台のレンジ幅をうろついていた形で推移しており、どっちつかずの動きとなっており、予想のしにくい相場であったのではないでしょうか。

来週は、大きく動くような経済指標、要人発言等も無い為、ドル円相場は、大きく動くことも無いのではないかと見ている。

日経平均株価、ニューヨークダウの値動きについても、ここ最近は非常に落ち着いた動きをしている。来週についても、特に目立った決算発表も無い為、為替を押し動かすようなことは考えられず、ドル円は、110円台~111円台の間で動くのではないかと予想している

唯一注目するべき指標発表は、22日(木)の米・新規失業保険申請件数でしょう。先週の15日については、指標発表時に15pip以上の動きがあった為、市場の予想よりも悪い数値が出た場合は、円高となる可能性もあります。

いずれにせよ、方向感のない相場となりやすい為、慎重にエントリーをしていくべきでしょう。

来週のドル円相場の予想=110円~111円、ユーロ円=124円~125円

(注目の指標)

6/19(月)   08:50  日・通貨ベース貿易収支
6/20(火)   10:30  豪・四半期住宅価格指数
6/20(火)   17:00  ユーロ圏・経常収支
6/20(火)   21:30  米・四半期経常収支
6/21(水)   23:00  米・中古住宅販売件数
6/22(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
6/22(木)   23:00 米・景気先行指数
6/23(金)   17:00 ユーロ圏・サービス業PMI
6/23(金)   17:00 ユーロ圏・製造業PMI
6/23(金)   23:00 米・新築住宅販売件数


証券経験30年以上のベテランアナリストが提供する急騰テーマ株
無料投資情報をはじめそのノウハウもご紹介!
プレミアムな投資情報が満載の有料サービスはリピーター続出中!
メールアドレス入力で有望株の銘柄コードを即時提供中
http://lp01.investorpremium.jp/?m=as06
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫