950.png

7月24日週の相場展望

 2017-07-23
7月24日週の相場展望

先週のドル円は、日経平均株価、ニューヨークダウがともに高値で推移したことにも関わらず、軟調に推移しました。

発表されている経済指標の数値も全般的に悪い数値では無く、ニューヨークダウも最高値を叩きだしているにも関わらず、ドル円は110円台を割り込みそうな勢いですね。

特に、最終日の21日(金)については、後ろ向きなニュース、指標発表などが無かったにも限らず、ニューヨークダウが下がったことをきっかけに、22時以降はじりじり下がる展開となった。

今回、円高方向となった要因は、トランプ政権の不信感が積もったことではないかと見ています。

日経平均株価、ニューヨークダウともに決して悪い方向にはいっていない状態であるにも関わらず、為替が軟調な展開であることは、市場にとってあまり良い展開とはいえません。

来週以降については、株価を押し上げるような要因も見当たらない為、ドル円は110円を目指すような展開となるのではないかと予想しています。

来週のドル円相場の予想=109円~111円
(注目の指標)

7/24(月)   21:30  独・製造業PMI
7/24(月)   21:30  独・サービス業PMI
7/24(月)   23:00  米・中古住宅販売件数
7/25(火)   17:00  独・IFO景況指数
7/26(水)   23:00  米・新築住宅販売件数
7/27(木)   03:00 米・FOMC政策金利発表
7/27(木)   21:30 米・耐久財受注
7/28(金)   21:30 米・四半期個人消費
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫