950.png
f5959.png

8月28日週の相場展望

 2017-08-26
8月28日週の相場展望

先週のドル円は、スペインで起きたテロによる地学的リスクの影響が残っている為か、108円~109円台を彷徨う形となりました。

最終日の25日(金)に開催されたジャクソンホール会議でのイエレン議長の発言でも、特にドル円が値上がりするような発言が無かった為、ドル円は109円前半でクローズとなりました。

北朝鮮が26日早朝に日本海に小型ミサイルを発射し、地学的リスクが高まった状態で、週明けを迎えることになる為、来週以降も、ドル円は軟調化しそうですね。

日経平均、ニューヨークダウも今のところは頭打ち状態になっており、ドル円を吊り上げる要素にはなりそうもなく。

来週以降のドル円は、108円~109円台を右往左往するのではないかと見ています。

来週のドル円相場の予想=108円~109円

(注目の指標)

8/29(火)   08:30  日・完全失業率
8/29(火)   23:00  米・CB消費者信頼感指数
8/30(水)   21:15  米・ADP民間雇用数
8/30(水)   21:30  米・四半期GDP価格指数
8/31(木)   16:55  独・失業率、失業者増減
8/31(木)   18:00 ユーロ圏・失業率
8/31(木)   21:30 米・新規失業保険申請件数
9/01(金)   21:30 米・非農業部門雇用者数・失業率
9/01(金)   23:00 米・ミシガン大学消費者信頼数
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫