950.png
f5959.png

10月23日週の相場展望

 2017-10-22
10月23日週の相場展望

先週は、総選挙に対する自民党の圧勝ムードが高まっていることの安心感、50年以上ぶりに日経平均株価が13営業日連続騰がったこともあり、ドル円は113円台をつけた。

現状の株価を見ると、日経平均株価は21000円、ニューヨークダウは23000ドルを上回っており、実情を上回る相場となっていることは明らかである。

期待感だけで騰がっている相場の為、ちょっとしたきっかけがあると、一気に暴落するのではないかという見方もある。

特に国内の大手企業を見ると、日産の無資格検査、神戸製鋼所のデータ改ざん問題など、日本の大手企業メーカーに対する信頼感を損ねるニュースが相次いでいる。

日産、神戸製鋼所の業績が悪化した場合、下請け会社、同業他社の業績にも影響もあり、日経平均株価の暴落にもつながりかねません。

もし、日経平均株価が反転した場合、リスクオフの相場となる為、ドル円に関しても一気に売られることは容易に想像できます。

また、22日(日)に、国内では総選挙があるが、結果次第では一気に株価も下がるのではないかと見ている。

引き続き警戒が必要な相場は続くでしょう。

来週のドル円相場の予想=112円~114円、ユーロ円=130円~132円

(注目の指標)

10/24(火)  16:30  独・サービス業PMI
10/24(火)  16:30  独・製造業PMI
10/24(火)  17:00  ユーロ圏・サービス業PMI
10/24(火)  17:30  ユーロ圏・製造業PMI
10/25(水)  21:30  米・耐久財受注
10/25(水)  23:00 米・新築住宅販売件数
10/26(木)  23:00 米・中古住宅販売保留指数
10/27(金)  21:30 米・四半期コアPCE
10/27(金)  21:30 米・四半期GDP価格指数
10/27(金)  21:30 米・四半期個人消費
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫