950.png
f5959.png
FC2ブログ

2月12日週の相場展望

 2018-02-10
2月12日週の相場展望

先週は、日経平均株価、ニューヨークダウの大幅下落を受けて、市場はリスクオフの相場ムードとなりました。

初日は、割安感から、110円台を回復したドル円でしたが、火曜日を過ぎたあたりから109円台、最終的には108円50銭台をつけて、取引を終えました。

ドル日足のチャートを見る限りでは、転換点となっているようで、騰がりそうな気配は残しています。

しかし、ファンダメンタル的に見ると、今のドル円は騰がる要素が全くと言っていいほどありません。

来週以降は、これまで大きく値を下げた日経平均株価、ニューヨークダウの値動きにより、ドル円の方向性が決まるでしょう。

日経平均株価、ニューヨークダウの下落がこれ以上続くのであれば、ドル円は107円台を割り込むでしょう。

来週のドル円相場の予想=107円~108円、ユーロ円=133円~134円

(注目の指標)

02/12(月)  14:00  シンガポール・小売売上高
02/12(月)  17:15  スイス・消費者物価指数
02/12(月)  21:00  インド・鉱工業生産指数
02/13(火)  08:50  日本・国内企業物価
02/13(火)  18:30  南アフリカ・雇用統計
02/14(水)  22:30  米・消費者物価指数★
02/14(水)  22:30  米・小売売上高★
02/15(木)  00:00  米・企業在庫☆
02/15(木)  00:30 米・週間石油在庫統計☆
02/15(木)  22:30 米・生産者物価指数★
02/16(金)  22:30 米・住宅着工件数☆

上記の「★」がついている指標は、前回発表前後に、ドル円に10pip以上動きがあったものです。指標発表後の動きに注意が必要です。

上記の「☆」がついている指標は、前回の発表時は大きく動きませんでしたが、過去大きく動いたことがある指標は以下の通りです。やはり注意が必要です。
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫