950.png
f5959.png
FC2ブログ

2月19日週の相場展望

 2018-02-18
2月19日週の相場展望

先週は、日経平均株価、ニューヨークダウが堅調に推移したにも関わらず、ドル円だけが大幅に下落した週となりました。

現在、ドル円が大幅に下落している要因としては、麻生財務大臣、黒田日銀総裁などの要人発言によるものとの見方があります。

勿論、麻生大臣の為替に対する発言、黒田日銀総裁のデブレ脱却に対する発言も急激な円高の要因となっているでしょう。

但し、今のドル円が円高となっている要因は、これらだけではありません。

依然として北朝鮮の地学的リスクは収まっておらず、トランプ大統領の政策に対しての不信感もいまだ漂っている状態です。

このような疑心暗鬼になっている市場では、ドル円に積極的な買いが入ることはないでしょう。

また、RSIなどのテクニカル指標を見ると、売られ過ぎのシグナルは出ており、一時的な円高の動きという意見もあります。

しかし、このドル円の値下がりは、まだまだ続くと見ており、株価、米国債の金利次第では、来週中にも105円を下回るのではないかと予想しております。

来週のドル円相場の予想=104円~106円、ユーロ円=133円~134円

(注目の指標)

02/19(月)  08:50  日本・通関ベース貿易収支☆
02/19(月)  09:01  英国・ライトムーブ住宅価格
02/19(月)  18:00  ユーロ・経常収支
02/20(火)  06:45  NZ・生産者物価指数
02/20(火)  19:00  ドイツ・ZEW景況感指数☆
02/21(水)  18:30  英国・雇用統計☆
02/22(水)  04:00  米・FOMC議事録★
02/22(木)  17:30  香港・消費者物価指数★
02/23(金)  00:00 米・景気先行指数★
02/23(金)  01:00 米・週間石油在庫統計★

上記の「★」がついている指標は、前回発表前後に、ドル円に10pip以上動きがあったものです。指標発表後の動きに注意が必要です。

上記の「☆」がついている指標は、前回の発表時は大きく動きませんでしたが、過去大きく動いたことがある指標は以下の通りです。やはり注意が必要です。
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫