950.png
f5959.png

2月26日週の相場展望

 2018-02-25
2月26日週の相場展望

先週の前半は、売られ過ぎたドル円の買い戻しが入り、一時は108円台まで戻りそうな勢いがありました。

しかしながら、107円80銭台付近になると、どうしても上値が重い状態となり、22日(木)の午前中からは、再び円高方向になり、結局は106円台で落ち着きました。

日経平均株価は22000円、ニューヨークダウは25500ドルを割りこむようになり、株価も軟調化している状態にあり、現在の市場は、リスクオフの状態にあると言えます。

(もともと現在の経済状態を考えると、適正な株価に近づいているとも言えるかもしれませんが)

来週については、大きく為替が動くような指標は無い。

しかしながら、株価の値上がりも見込めず、北朝鮮の地学的リスク、トランプ大統領に対する不信感もある状態では、ドル円の値上がりは期待できない。

3月中旬ぐらいまでは、105円~108円を右往左往するのではないかとみています。

来週のドル円相場の予想=106円~108円、ユーロ円=131円~133円

(注目の指標)

02/26(月)  14:00  日本・景気動向指数☆
02/27(火)  00:00  米・新築住宅販売件数★
02/27(火)  09:00  韓国・中銀政策金利★
02/27(火)  22:30  米・耐久財受注
02/27(火)  23:00  米・住宅価格指数
02/28(水)  19:00  ドイツ・GFK消費者信頼感調査★
02/28(水)  22:30  カナダ・鉱工業製品価格★
03/01(木)  22:30  米・新規失業保険申請件数★
03/02(金)  00:00  米・建設支出☆
03/02(金)  22:30 カナダ・実質GDP★

上記の「★」がついている指標は、前回発表前後に、ドル円に10pip以上動きがあったものです。指標発表後の動きに注意が必要です。

上記の「☆」がついている指標は、前回の発表時は大きく動きませんでしたが、過去大きく動いたことがある指標は以下の通りです。やはり注意が必要です。
関連記事
カテゴリ :お知らせ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫