950.png
f5959.png
FC2ブログ

4月2日週の相場展望

 2018-04-01
4月2日週の相場展望

先週のドル円は、米国が中国製品に対し最大で600億円の関税をかけるという話題、トランプ氏の国家安全保障担当のマクマスター大統領補佐官を解任するという方針から、一時は104円台をトライするほど円高が進みました。

しかしながら、週の半ばより、株価が比較的に堅調に推移していることに加え、105円台をつけた値ごろ感から、一時は107円まで買いが進むほど円安、ドル高が進みました。

先週までの値動きを見ていると、ドル円は105円90銭台が底値と見られているようです。

テクニカル的に見ても、106円10銭台で一目・基準線が控えており、106円に大きな買いオーダーも入っています。

来週以降は106円10銭台が底値となり、再び107円台まで上昇するのではないかと予想しています。

先週もお伝えした通り、株価も安定しており、地学的なリスクも見受けらない為、これ以上ドルが売られる理由が見当たりません。

利上げについても予想通りに実施されたため、長期的に見る、ドル円は110円台を目指した動きをするのではないかと見ています。

来週以降のドル円は「買い」で入るといいかもしれませんね。

来週のドル円相場の予想=107円~108円、ユーロ円=130円~131円
(注目の指標)

04/02(月)  08:50  日本・日銀短観☆
04/02(月)  23:00  米・ISM製造業景気指数☆
04/03(火)  13:30  豪・中銀政策金利☆
04/04(水)  21:15  米・ADP雇用者数★
04/04(水)  23:30  米・週間石油在庫統計★
04/05(木)  21:30  米・新規失業保険申請件数☆
04/06(金)  21:30  米・雇用統計☆
04/06(金)  21:30  カナダ・雇用統計☆


上記の「★」がついている指標は、前回発表前後に、ドル円に10pip以上動きがあったものです。指標発表後の動きに注意が必要です。

上記の「☆」がついている指標は、前回の発表時は大きく動きませんでしたが、過去大きく動いたことがある指標は以下の通りです。やはり注意が必要です。
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫