950.png
f5959.png
FC2ブログ

4月23日週の相場展望

 2018-04-22
4月23日週の相場展望

先週のドル円は、日米首脳会談が無事に終わったことによる安心感、アメリカの経済指標の数値が予想よりも良好であったこと等で続伸しました。

来週以降のドル円は、108円代が視野に入ってきており、大方の予想では「買い」となっています。

しかしながら、シリアの状況がいまだ落ち着いていない。シリア関連で、アメリカの軍事行動および発言があった場合は、やはり地政学リスクが意識されるでしょうし、株価、為替に影響を及ぼすと考えられるでしょう。

テクニカル的に見ても、最終日である20日(金)のドル円の日足は、上方向に大きく髭が出ている状態でクローズしているようで、再び円高方向になる可能性も秘めています。

来週のドル円相場の予想=107円~108円、ユーロ円=132円~133円
(注目の指標)

04/23(月)  23:00  米・中古住宅販売件数☆
04/24(火)  10:30  豪・消費者物価指数☆
04/24(火)  17:00  ドイツ・IFO景況感指数☆
04/24(火)  20:30  トルコ・設備稼働率☆
04/24(火)  22:00  米・住宅価格指数☆
04/24(火)  23:00  米・新築住宅販売件数☆
04/25(水)  20:00  トルコ・中銀政策金利☆
04/25(水)  23:30  米・週間石油在庫統計☆
04/26(木)  23:30  ユーロ・ECB政策金利☆
04/27(金)  08:30  日本・雇用統計☆
04/27(金)  17:30  英国・実質GDP☆
04/27(金)  21:30  米・雇用コスト数★
04/27(金)  23:00  米・ミシガン大学消費者信頼感指数☆

上記の「★」がついている指標は、前回発表前後に、ドル円に10pip以上動きがあったものです。指標発表後の動きに注意が必要です。

上記の「☆」がついている指標は、前回の発表時は大きく動きませんでしたが、過去大きく動いたことがある指標は以下の通りです。やはり注意が必要です。
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫