950.png
f5959.png

4月30日週の相場展望

 2018-04-28
4月30日週の相場展望

先週のドル円は、北朝鮮、韓国との南北軍事協議が無事に終わったことによる安心感により、ドル円が堅調に推移し、109円台に突入しました。

来週以降のドル円は、いよいよ110円台が視野に入ってきており、突発的な地政学リスクが無い限りは110円に到達するのではないかと予想しています。

経済指標についても、3日(木)3時にはFRB政策金利の発表、4日(金)21時30分には米の雇用統計の発表と大きく動く可能性があるイベントが続きます。

※前回発表時、FRBの政策金利は16銭以上の円安、雇用統計の発表は12銭以上の円高となる結果となっている為、指標発表前後の取引には注意が必要だと思います

市場の予想を大きく下回るネガティブな結果にはならない限り、ドル円には買いが入るでしょう。

※市場予想・・・FRB政策金利は上限金利1.75%、下限金利1.50%
        雇用統計は非農業部門の雇用者数18.5万人、失業率4.0%

「110円」という節目も意識される為、来週のドル円は買いで入ると良いかもしれません。

来週のドル円相場の予想=109円~110円、ユーロ円=131円~133円
(注目の指標)

04/30(月)  10:00  中国・製造業PMI★
04/30(月)  15:00  ドイツ・小売売上高
04/30(月)  16:00  トルコ・貿易収支
04/30(月)  21:00  南アフリカ・貿易収支
04/30(月)  21:30  米・個人所得・支出★
04/30(月)  22:45  米・シカゴ購買部協会景気指数★
04/30(月)  23:00  米・中古住宅販売成約指数★
05/01(火)  23:00  米・ISM製造業景気指数★
05/02(水)  07:45  NZ・雇用統計★
05/02(水)  17:00  ユーロ・製造業PMI☆
05/02(水)  23:30  米・週間石油在庫統計★
05/03(木)  03:00  米・FRB政策金利☆
05/03(木)  21:30  米・非農業部門労働生産指数☆
05/03(木)  23:00  米・製造業新規受注★
05/04(金)  21:30  米・雇用統計☆

上記の「★」がついている指標は、前回発表前後に、ドル円に10pip以上動きがあったものです。指標発表後の動きに注意が必要です。

上記の「☆」がついている指標は、前回の発表時は大きく動きませんでしたが、過去大きく動いたことがある指標は以下の通りです。やはり注意が必要です。
関連記事
カテゴリ :FXの相場展望 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫