950.png
f5959.png

5月28日週の相場展望。

 2018-05-26
5月28日週の相場展望

さして言葉通りにはならないように見えた「Sell in May(5月の売り相場)」でしたが、最後の最後でドンデン返し「米朝首脳会談の中止」が発表され、相場は大きくリスクオフの様相を呈して来ました。

発表は5月24日でした。

これをきっかけに先週(5月15日)110円台に乗せた米ドルは大きく下落し、108円台をつけています。

またユーロ円も127円台に下落しました。

ただ注目すべきなのはユーロドルで、「逃避通貨」としてユーロが買われることもなく依然、米ドル優勢が続いています。

ユーロ圏内もスペインのラホイ首相に対する不信任決議が提出、イタリアの経済相にユーロ懐疑派エコノミストであるパオロ・サボナ氏の起用、など目立たないですが不穏な動きが出ているようです。

細かいイレギュラーに注意が必要な週になりそうですね。

5月28日週の注目イベントは以下の通りです(重要なもののみ)。

5/29(火)日雇用統計
5/29(火)米消費者信頼感指数(Conference Board)
5/30(水)米ADP雇用統計
5/30(水)米1-3月期四半期実質国内総生産(GDP改定値)
5/30(水)米地区連銀経済報告(ベージュブック)
5/31(木)ユーロ雇用統計
5/31(木)米新規失業保険申請件数
5/31(木)米中古住宅販売成約指数
6/1(金)米雇用統計
6/1(金)米ISM製造業景気指数
関連記事
カテゴリ :ドルスキャワールドFX成績 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫