950.png
f5959.png
FC2ブログ

7月9日週の相場展望

 2018-07-08
7月9日週の相場展望

結局、米中貿易摩擦は歩み寄りを見せることなく、7月6日に米中両方が340億ドル分相当の関税を課すことを決定しました。

もっとも、相場自体は完全に「織り込み済み」だったようで、6日に大きな動きはありませんでした。

アメリカ側の関税発動は6日の0時だったわけですから、特に時間差で週明け「窓を開いて」下落する、といった事態はないでしょう。

さて、米雇用統計ですが、非農業部門雇用者数変化が予想19.5万人に対して結果21.3万人(前回22.3万人)でした。

他方、失業率は予想3.8%に対して結果4.0%(前回3.8%)でした。

当然、注目されたのは4.0%台に乗せてしまった失業率の方で、相場は米ドル売りで反応しています。

ただ、この結果を踏まえても「相場全体に大きな崩れはない」といったのが現状です。

米中貿易摩擦については相場上、今の所大きな動きはないものの、米中両国が大小の制裁関税政策を積み重ねることによって長期化する、という懸念が残っているようです。

今週は指標はそこまで無く、非常に狙いやすい週になるかと予想します。

また、札幌オフ会多数のご参加頂き、誠にありがとうございました。
https://www.youtube.com/watch?v=wE3D3ZKzD3k

7月9日週の注目イベントは以下の通りです(重要なもののみ)。

7/10(火)ユーロZEW景況感調査
7/11(水)カナダ政策金利
7/12(木)米新規失業保険申請件数
7/12(木)米消費者物価指数
7/13(金)米ミシガン大学消費者態度指数
関連記事
カテゴリ :ドルスキャワールドFX成績 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫