950.png

4月13日のFX相場展望

 2015-04-12
カズヤングです☆

本日もFX新聞にお越し頂き、誠にありがとうございます。

――――――――――――――――――――――
☆4月13日のFX相場展望
――――――――――――――――――――――

4月13日相場展望

4月6日から10日の週はイースター休暇明けで前週末の3日発表された米国雇用統計の数字かかなり悪かったことから為替でもドル安が進むものと考えられていた。

ところが蓋を明けて見るとなんとドルは円に対してもユーロに対しても俄然強含むこととなり、ドル円は120.720円へ上昇、ユーロドルは1.05670あたりまで下押しという結果になった。

なんとも説明のつかない結果だが、ユーロに関してはギリシャ問題の不透明からきり下がるのは納得がいくとして、ドル円がここまで上がる必要があったのかどうかは甚だ疑問な状況。

週明けは日経平均も終値で2万円乗せに動くものと思われ、さらにドル円が上昇するのかどうかを見極めることになる。

印象としては2万円だけでは120.800円のレベルを無理やり超えていけないことから火曜日に発表される米国の耐久財受注などが後押しするかどうかを確認してこの先を見極めたい気分だが、一旦この80銭レベルを超えないのであれば戻り売りで向かいたい。

一方ユーロドルは金曜日の終値でなんとか1.06台に戻したがオセアニア時間の早朝に思い切り仕掛け売りを出されそうな状況で恐らく窓空けからスタートすることのなるのではないだろうか?となると1.05前半から再度1.04割れを狙いにいくことになると思われる。

今週は水曜日にECB理事会が開催されるのでこのタイミングでドラギ会見の直後あたりにつけに行く可能性が残される。

ただ、下落に失敗すれば結構大きな戻りが出る可能性もあり、注意が必要だ。月曜日段階ではとにかく戻りは丁寧に売ることで対応したい。

問題はユーロ円。

128円台はかなり堅いと思っていたがあっさり割れて拍子抜け。

ドル円よりもユーロドルについていく構えを見せている。こちらも丁寧な戻り売りか。

ただユーロ円がこれだけ下がればドル円の上昇もかなり抑えることになると思われ、ユーロ円の動きは売買しなくても注目される状況だ。

思いのほか難しい相場にいきなり入り込んでいる。方向感がわからないときには無理して売買しないのが基本。様子見も重要だ。

――――――――――――――――――――――
☆FX新聞 通貨天気予報(全体のトレンドと日足で予想)
――――――――――――――――――――――
・買もしくは売の1つであればオススメで狙い目
私自身も積極的に狙います。
・買売混同は上下の可能性で上手く状況見極め
・(横)はヨコヨコで狙いにくい可能性

ドル円 横
ユロ円 売(横)
ポン円 売(横)
豪円 横
ユロドル 売(横)
ポンドル 売
豪ドル 売

――――――――――――――――――――――
☆知っておきたいミニ知識
――――――――――――――――――――――

1.買いと売りどちらが稼ぎやすい?
2.初心者はUSDやEURをやるべきなのか?
3.勝てるFX業者はあるのか?
4.安全性や信頼度の高い会社って何?
5..スワップ運用って本当に稼げるの?
6.スプレッドの重要性
7.FXで勝てる手法とは?
8.レバレッジは低いほうが安全か?
9.勝てるテクニカルはあるのか?


――――――――――――――――――――――
☆1週間で勝ち組になれるメールでFXセミナー
――――――――――――――――――――――

バナー1






――――――――――――――――――――――
☆初心者にオススメで私も使っているツールです。
――――――――――――――――――――――



1133.jpg

私のリンクからお申し込みの方に限り

私が使っている手法を教えます。 

単純にドラストを使うよりももっと

リスクが少なく、安定したドラストの使い方を教えます。

FX初心者でも稼げるようになります。

お申し込み完了後

kinmashinbun@yahoo.co.jpまで「特典希望」とメール下さい。

↓特典付きお申し込みはこちら↓
ドラゴン・ストラテジーFX
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫