950.png
f5959.png

5月11日のFX相場展望

 2015-05-10
カズヤングです☆

本日もFX新聞にお越し頂き、誠にありがとうございます。

――――――――――――――――――――――
☆5月11日のFX相場展望
――――――――――――――――――――――

5月11日相場展望
8日の米・雇用統計は事前の予想数字とほぼ同じ状態であったが、3月の数字がリバイスダウンしたこともあって発表後市場はその内容を消化しきれず上下に乱高下したものの、結局ドル円は119円台中盤に納まって週を終えている。

株式相場は利上げ後ずれと認識したようで大幅に上昇したが、金融市場全般ではまだ利上げ余地はあるとの認識も再浮上してきており、相場の行方が注目される。

連休明けからは機関投資家の海外投資スタートに伴うドルの資金需要がでるとの予想もありドル円は下値が堅そうな状況。

ただこうした外貨調達はロンドンタイムに行われることが多いので注意が必要だ。

依然相場は118.50円から120.50円のレンジだがそろそろどちらかにブレークしてもよさそうな気配。

ただ、5月は上方向にはねる可能性が少ないのではないかとも思われる。

基本押し目はしっかり拾いながら上がらないようなら早めに切ることを考えたい。

一方ユーロドルは11日にユーロ圏蔵相会議で再度ギリシャ問題が話し合われるため、ここでのヘッドラインによって乱高下が予想される。

あまり思い込みで買わずに大きく引きつけたところで買いから入りたい。

市場ではQEの効果の賞味期限切れが囁かれ始めており、ドイツ債券の利率上昇などを含めても1.15ぐらいまで戻してもおかしくはない状況。下げは丁寧に拾いたい。

ユーロ円は金曜日には市場をリードする形で上下に動くとドル円もユーロドルも連動するといった独特の動きをしている。

すでに135円レベルまであっさり戻しているので、ドル円が下がらないなかではさらに上方向に戻すことも考えられるため、戻り売りよりも押し目買いを優先したい。

ただ、個人的にはよく動きがわからないため、プライスアクションで相当チェックしながら売買していくことが肝要であろうと考える。

月曜日の晩には雇用統計を受けたLMCI(イエレンダッシュボード)も発表となるのでFRBがどのようにこの結果を評価することになるのかも注目される。

米国の株式市場はSELL IN MAYがワークするのかを探る状態となっており、欧州発の債券金利上昇に端を発するアンワインドが本物かどうかを確認する動きが続くものと思われる。

国内株式市場にもすでにこうした巻き戻しの兆候がでているだけに株価とともに金利に注意を払いたい。


――――――――――――――――――――――
☆FX新聞 通貨天気予報(全体のトレンドと日足で予想)
――――――――――――――――――――――
・買もしくは売の1つであればオススメで狙い目
私自身も積極的に狙います。
・買売混同は上下の可能性で上手く状況見極め
・(横)はヨコヨコで狙いにくい可能性

ドル円 横
ユロ円 買
ポン円 買
豪円 買
ユロドル 買
ポンドル 買
豪ドル 買

――――――――――――――――――――――
☆知っておきたいミニ知識
――――――――――――――――――――――

1.買いと売りどちらが稼ぎやすい?
2.初心者はUSDやEURをやるべきなのか?
3.勝てるFX業者はあるのか?
4.安全性や信頼度の高い会社って何?
5..スワップ運用って本当に稼げるの?
6.スプレッドの重要性
7.FXで勝てる手法とは?
8.レバレッジは低いほうが安全か?
9.勝てるテクニカルはあるのか?


――――――――――――――――――――――
☆1週間で勝ち組になれるメールでFXセミナー
――――――――――――――――――――――

バナー1






――――――――――――――――――――――
☆初心者にオススメで私も使っているツールです。
――――――――――――――――――――――



1133.jpg

私のリンクからお申し込みの方に限り

私が使っている手法を教えます。 

単純にドラストを使うよりももっと

リスクが少なく、安定したドラストの使い方を教えます。

FX初心者でも稼げるようになります。

お申し込み完了後

kinmashinbun@yahoo.co.jpまで「特典希望」とメール下さい。

↓特典付きお申し込みはこちら↓
ドラゴン・ストラテジーFX
関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫