A5.png
FCX.png

3月20日週の相場展望

 2017-03-19
もし明日あなたが仕事を失っても
一生稼げる方法を教えます。
http://kabu-iv.com/index.php?lp=0008_2


3月20日週の相場展望

先週のドル円は、予想外にも円高方向となり、112円台で落ち着いた。他の高金利通貨であるアフリカランド、トルコリラ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルに関しては落ち着いた値動きでいるのに、一方的にドルだけが売られるのは珍しいケースであると思う。

15日に開催された米連邦公開市場委員会での利上げは元々織り込み済みであり、本来のドルの実力に落ち着いたといったらそれまででしょうが、一方的に売られ過ぎ感はある。

来週は目立った経済指標、発表も無く、G20の開催を前に為替動向は様子見ムードになることが予想される為、今のところドル円は112円~113円台で落ち着くのではないかという予想が多い。

しかし、前述通り、ドル円は現在売られ過ぎている感がある為、来週は114円台まで回復するのではないかと筆者は予想している。

但し、先週からお伝えしている通り、ドル円は長期スパンで考慮すると、下がる余地はまだ残されていると思われる。

日経平均株価についても、安倍首相の森友学園への寄付金問題が挙がった為、しばらくは下降気味になるのではないかという見方もある。

日経平均株価も下がれば、リスク回避による円買い、ドル売りが進み、再び110円台を割り込む可能性も出てくる。

しばらくは積極的な行動は避けて、市場の動向を見守る時期ではないかと筆者は考えている。

来週のドル円相場の予想=112円~113円、ユーロ円=119円~120円

(注目の指標)

3/20(月)   09:01  英・ライトムーブ住宅価格
3/21(火)   09:30  豪・四半期住宅価格指数
3/21(火)   18:30  英・消費者物価指数
3/21(水)   21:30  米・四半期経常収支
3/22(水)   23:00 米・中古住宅販売件数
3/23(木)   21:30 米・新規失業保険件数
3/24(金)   21:30 米・耐久財受注


もし明日あなたが仕事を失っても
一生稼げる方法を教えます。
http://kabu-iv.com/index.php?lp=0008_2
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

3月13日週の相場展望

 2017-03-11
もし明日あなたが仕事を失っても
一生稼げる方法を教えます。
http://kabu-iv.com/index.php?lp=0008_2


3月13日週の相場展望

先週のドル円は、10日(金)の失業率が4.7%(前月は4.8%)、非農業部門雇用者数23.5万人(前月は22.7万人)と改善したことや、日経平均株価19000円台、ニューヨクダウ20900ドル台と堅調に推移したことで、一時115円40銭台をつけた。

最終的には急激に騰がり過ぎた調整もあり、114円台に落ち着いたが、来週以降もドル円に関してはしばらく上値を追いそうな気配はある。

特に来週14日~15日に関しては、米連邦公開市場委員会が予定されており、0.25%の利上げ実施はほぼ確実に行われるであろうと見られている。

利上げが実施されるのであれば、高金利通貨に投資していた資金も一気にドルに流れる可能性もあり、来週中には116円台をつけると筆者は予想している。

但し、これはあくまで短期的な見方であり、長期的なスパンで考慮すると、ドル円はまだ下がる余地はあるとも見ている。

先週からお伝えしている通り、日経平均株価、ニューヨークダウも既に高値を付けており、これ以上騰がる要素も無い。ドル円についは116円~117円台が限界ではないかと見ている。

トランプ大統領の発言、行動にも注目したい。今年に入ってからトランプ大統領の発言で為替が大きく動いている場面がいくつかあった。指標以外にも併せて注目して見ていきたい。


来週のドル円相場の予想=115円~116円、ユーロ円=1円~120円

(注目の指標)

3/13(月)   16:00  独・消費者物価指数
3/14(火)   21:30  米・生産者物価指数
3/15(水)   21:30  米・消費者物価指数
3/15(水)   21:30  米・NY連銀製造業景気指数

3/15(水)   21:30 米・小売売上高
3/16(木)   03:00 米・FOMC政策金利発表
3/16(木)   21:30 米・住宅着工件数
3/16(木)   21:30 米・建設許可数
3/17(金)   23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感数
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

3月06日週の相場展望

 2017-03-04
株で稼ぐための具体的な手法を公開
情報通りに売買して
30万を150万にしたい方はこちら
http://kabustock.jp/page/lp01/?m=me06


3月06日週の相場展望

先週のドル円は、FOMCメンバーのブレイナード理事による「早期の利上げが適切」という発言を受けて、2日(木)~3日(金)にかけて114円台まで上昇した。

また、新規失業保険申請件数が44年ぶりの低水準となったこともドルが買われた要因となった。ニューヨークダウも21000ドルを超えていることからリスクオンの相場となっている為、このまま115円台に突入するかと思いきや、高値警戒感から、114円台に留まった。

やはり、115円台に突入するには、今一つ材料が足りないといったところか。今のところ3月の利上げ観測が高まっていること、ニューヨークダウが高値に留まっていることが、ドル円の値を支えている唯一の材料である。

来週注目するべき指標は、10日(金)の非農業部門雇用者数・失業率である。ここで予想よりも数値が悪かった場合は一気に円高方向に行く可能性もある。

また、ニューヨークダウ、日経平均株価は今のところ実力以上の値をつけている。ここで値崩れを起こした場合、ドル円に関しても、一気に円高方向に加速する可能性もある為、積極的な投資は控えたほうがよさそうである。

来週のドル円相場の予想=113円~114円、ユーロ円=119円~120円

(注目の指標)

3/06(月)   09:30  豪・小売売上高
3/07(火)   22:30  米・貿易収支
3/08(水)   22:15  米・ADP民間雇用者数
3/09(木)   22:30 米・輸入物価指数
3/09(木)   22:30 米・新規失業保険申請件数
3/10(金)   22:30 加・失業率
3/10(金)   22:30 米・非農業部門雇用者数・失業率


株で稼ぐための具体的な手法を公開
情報通りに売買して
30万を150万にしたい方はこちら
http://kabustock.jp/page/lp01/?m=me06
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2月27日週の相場展望

 2017-02-26
投資家が絶賛したサイト
今なら2週間無料情報提供中
http://horsebacle.com/?AD_CODE=3065_00000


2月27日週の相場展望

先週のドル円は、米債券利回りの低下が売りの材料となり、112円台まで円高が進んだ。

現在のアメリカ市場を見ると、ニューヨークダウは騰がり続けているにも関わらず、安全資産である国債が買われ続けているという、アンバランスな状態が続いている。

国債が買われ続けている理由としては、現在のトランプ政権に対しての懐疑的な見方が広まっている為である。

リスクオンの株式市場、リスクオフの債権市場が共同していることが、ドル円が騰がらない理由となっているようだ。

来週以降は、トランプ大統領の演説次第で、相場が大きく変動しそうである。雇用を生み出すような政策を発表したりなど前向きな演説の場合は、ドル円も一気に騰がるのではないかと見ている。

また、米の3月利上げに関する情報も注目するべきである。利上げが示唆された場合、南アフリカランドは8円60銭台、トルコリラは31円台と資源国の高金利通貨はやや高値をつけている状況の為、一気にドル円へ資金が流れる可能性も高い。


来週のドル円相場の予想=110円~112円、ユーロ円=116円~118円

(注目の指標)

2/27(月)   19:00  ユーロ・業況判断指数
2/27(月)   22:30  米・耐久財受注(前月比)
2/28(火)   23:45  米・シカゴ購買部協会景気指数
3/01(水)   22:30 米・個人所得
3/01(水)   22:30 米・個人支出
3/02(木)   00:00 米・ISM製造業景況指数


投資家が絶賛したサイト
今なら2週間無料情報提供中
http://horsebacle.com/?AD_CODE=3065_00000
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2月20日週の相場展望

 2017-02-18
毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1


2月20日週の相場展望

先週のドル円は、トランプ政権の不透明感から、失速した週となった。

15日(水)までは、ニューヨークダウ、日経平均株価が堅調に推移していたことを背景に、114円台までドル高、円安が進んだが、トランプ氏が掲げる減税対策に不透明感があったことを受けて、最終日に失速し、112円台に落ち着いた。

トランプ政権の不信感は、これからも続きそうである。先週をみても、トランプ大統領が信頼しているフリン補佐官の辞任、次期の労働長官に指名されていたパズダー氏の指名辞退、上級顧問のコンウェイ氏によるイバンカ(トランプ大統領の娘)のブランドに関する発言も倫理規定に違反している可能性ありなど、問題は山積みである。

おそらく、アメリカの過去の大統領政権を見ても、ここまで多くの問題を抱えて、スタートした政権は無い。これからのアメリカの行く末が心配である。

しばらくは、ドル円にとって、前向きな材料は無さそうである。ニューヨークダウ、日経平均株価も高値を付けており、これ以上の値上がりは期待できない。

今月28日に予定している米上下両院合同本会議にて、減税、インフラに対する投資などのポジティブな内容があるのでは?という推測があるのが、ドル円を下支えする唯一の材料ではないだろうか。

しばらくドル円については、積極的な買いを入れることはオススメできないというのが、筆者の見解である。

来週のドル円相場の予想=111円~113円、ユーロ円=118円~120円

(注目の指標)

2/21(火)   17:30  独・製造業PMI
2/21(火)   17:30  独・サービス業PMI
2/22(水)   22:30  加・小売売上高
2/23(木)   00:00 米・中古住宅販売件数
2/23(木)   22:30 米・新規失業保険申請件数
2/24(金)   22:30 加・消費者物価指数


毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫