A5.png
FCX.png

2月20日週の相場展望

 2017-02-18
毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1


2月20日週の相場展望

先週のドル円は、トランプ政権の不透明感から、失速した週となった。

15日(水)までは、ニューヨークダウ、日経平均株価が堅調に推移していたことを背景に、114円台までドル高、円安が進んだが、トランプ氏が掲げる減税対策に不透明感があったことを受けて、最終日に失速し、112円台に落ち着いた。

トランプ政権の不信感は、これからも続きそうである。先週をみても、トランプ大統領が信頼しているフリン補佐官の辞任、次期の労働長官に指名されていたパズダー氏の指名辞退、上級顧問のコンウェイ氏によるイバンカ(トランプ大統領の娘)のブランドに関する発言も倫理規定に違反している可能性ありなど、問題は山積みである。

おそらく、アメリカの過去の大統領政権を見ても、ここまで多くの問題を抱えて、スタートした政権は無い。これからのアメリカの行く末が心配である。

しばらくは、ドル円にとって、前向きな材料は無さそうである。ニューヨークダウ、日経平均株価も高値を付けており、これ以上の値上がりは期待できない。

今月28日に予定している米上下両院合同本会議にて、減税、インフラに対する投資などのポジティブな内容があるのでは?という推測があるのが、ドル円を下支えする唯一の材料ではないだろうか。

しばらくドル円については、積極的な買いを入れることはオススメできないというのが、筆者の見解である。

来週のドル円相場の予想=111円~113円、ユーロ円=118円~120円

(注目の指標)

2/21(火)   17:30  独・製造業PMI
2/21(火)   17:30  独・サービス業PMI
2/22(水)   22:30  加・小売売上高
2/23(木)   00:00 米・中古住宅販売件数
2/23(木)   22:30 米・新規失業保険申請件数
2/24(金)   22:30 加・消費者物価指数


毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2月13日週の相場展望

 2017-02-11
毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1



2月13日週の相場展望

先週のドル円は、ニューヨークダウ、日経平均株価が堅調に推移したことで、113円台をキープした形で終えた。

先週注目されていたのは、10日の日米首脳会談である。中には、無事に終わるのだろうかという心配の声もあったが、概ね良好な形で終わったようである。

個人的には、安倍首相の「アメリカが偉大な国になることは日本にも大きな利益になる」といった見解が気になっている。

勿論、安倍首相の見解は概ね間違っていない。しかし、場合によっては、アメリカの好き勝手な行動を容認するという考えを示しているのではないかとも思っている。

今の日米の関係を見ていると、日本がアメリカの行動を容認せざるを得ない状況に見える。

このままいくとアメリカのTPP離脱についても容認せざるを得ないとなると、日本経済にとっては決してプラスにはならないはずです。

今後の日本、アメリカの関係に注目していきたいと思っている。
 
 来週の注目イベントは、安倍首相、トランプ氏との会見の中で、安全保障関連で重要な発表を予定していることである。

 発表の内容によっては、ドル円が乱高下する可能性も高い為、充分に注意が必要です。

 また、経済指標についても、14日には、ユーロ圏の鉱工業生産、米の生産物価格指数、15日には米の大米証券投資収支、16日には、米・住宅着工件数、建築許可件数など、全て、前回発表時にドル円が25銭以上動いた指標である。

 これらの指標にも注目していきたい。



来週のドル円相場の予想=113円~114円、ユーロ円=121円~123円

(注目の指標)

2/14(火)   19:00  ユーロ圏・鉱工業生産
2/14(火)   22:30  米・生産物価格指数
2/15(水)   22:30  米・小売売上高
2/16(木)   06:00 米・対米証券投資収支
2/16(木)   22:30 米・住宅着工件数
2/16(木)   22:30 米・建設許可件数

毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2月6日週の相場展望

 2017-02-04
絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1


2月6日週の相場展望

先週のドル円は、トランプ氏の行動、発言により乱高下した週となった。

28日のオーストラリアのターンブル首相との電話協議は難民受入れについてのことであった。

この大事な電話協議会を意見が合わないことを理由に、トランプ氏から一方的に打ち切ってしまうという前代未聞のことが起きた。

ちょっとした意見の食い違いで、大事な会見を一方的に切り上げてしまう大統領がいる国では、根本的にダメなのでは?と筆者は考えてしまったほどである。

ちなみに会見明けの30日(月)のドル円は、115円台から113円台まで円高・ドル安が一気に進んだ。

大事な電話会見をガチャ切りするようなトップがいる国の通貨なんかは買わないといったところでしょうか。

ちなみに30日以降もドルは低調であり、最終的には1ドル=112円台まで円高が進んだ。

来週注目するべきは10日(金)のトランプ大統領、安倍首相の会談である。

トランプ氏は事前に安倍政権がドル高・円安に誘導していると批判しているが、どのように反論するのかに注目したい。

来週のドル円相場の予想=110円~112円、ユーロ円=121円~123円

(注目の指標)

2/06(月)   09:30  豪・小売売上高
2/07(火)   12:30  豪・中銀政策金利発表
2/08(水)   08:50  日・国際収支
2/09(木)   22:30 米・新規失業保険申請件数
2/11(木)   00:00 米・ミシガン大学消費者信頼数

絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1
カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

1月30日週の相場展望

 2017-01-28
毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1


1月30日週の相場展望

先週のドル円は、日経平均株価、ニューヨークダウの上昇に伴い、26日には114円台まで上昇した。

27日以降についても、米の長期金利の上昇、米の四半期GDP、ミシガン大学消費者態度信頼数などの経済指標が悪い数値では無かった為、最終的には115円台で落ち着いた。

投資家心理を表すVIX指数も10.59となっており、リスク志向の動きとなっているようである。

日経平均株価、ニューヨークダウも堅調に推移しており、2月以降になっても、ドル円は115円台~120円台をキープするのではないかと思われる。

しかし、先週お伝えした通り、トランプ氏の発言、米の政策により、ドル円は投資家が予想しないような動きをすることがあります。

アメリカ、メキシコの今後の関係も注目するべきである。既にメキシコではアメリカ製品の不買運動が始まっており、この運動が大きくなると、為替にも大きく影響してくるのではないかと思います。

2月以降はトランプ氏の発言、アメリカ、メキシコの今後の関係に注目していきたい。

来週のドル円相場の予想=115円~119円、ユーロ円=123円~125円

(注目の指標)

1/30(月)   22:30  米・個人所得
1/30(月)   22:30  米・個人支出
1/31(火)   00:00  米・中古住宅販売保留指数
1/31(火)   17:55 独・失業率
2/01(水)   22:15 米・ADP民間雇用者数
2/02(木)   00:00 米・ISM製造業景況指数
2/02(木)   00:00 米・建設支出
2/02(木)   04:00 米・FOMC政策金利発表

毎月株で50-100万円稼ぎたい人募集中
断言します「株はかんたん」
どんな手法を使うのか?その答えがこちら
http://kabu-basis.com/index.php?lp=0013_1

カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

1月23日週の相場展望

 2017-01-22
絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1



1月23日週の相場展望

先週のドルは、新大統領のトランプ氏に対する不安視から一時は112円台まで円高・ドル安が進んだ。

その後、値ごろ感からドルに買いが入り、大統領就任式前日の1月19日(木)には114円~115円までドル円は回復した。

また、多くの人が問題視していた1月20(金)トランプの大統領就任式後のドル円の値動きだが、就任時の演説が短く、過激発言が無かったことが幸いしたのか、予想していたよりも穏やかな動きであった。

最終的にドル円は114円50銭台で取引を終えたが、来週以降はトランプ氏が掲げた政策がどこまで実現化されるのかでドル円の値動きが大きく左右されることは言う間でもない。

特に経済に関する政策をどこまで実現化させるかで国民の信頼度が高まるのではないかと思っている。

ちなみに現在、トランプ氏が掲げている経済政策は大きく分けて下記の3つである。

全ての税率区分での引き下げを計画

年4%の経済成長を目指す

今後10年で2500万人の新規雇用を目指す


全て実現できたらアメリカは本当にすごい国に生まれ変わりますね。ちなみにアメリカで経済成長率が4%以上になったことは2000年以降一度もありません。

今後10年で新規雇用2500万人も達成したらすごいものです。現在、アメリカの失業率は5%を切っている状態です.

2500万人の新規雇用を達成したら、失業率はおそらく4%台を切るでしょう。

高い目標数値を掲げるのはいいのですが、達成する為の根拠が具体的に示されていない点が気になるところです。

トランプ氏が掲げている政策をきちんと実現させるか否かで、今後のアメリカの経済、ドルの方向性は決まっていくでしょう。


来週のドル円相場の予想=114円~115円、ユーロ円=120円~123円

(注目の指標)

1/24(火)   17:30  独・製造業PMI
1/24(火)   17:30  独・サービス業PMI
1/25(水)   00:00  米・中古住宅販売件数
1/25(水)   08:50 日・通関ベース貿易収支
1/26(木)   22:30 米・新規失業保険申請件数
1/27(金)   22:30 米・四半期GDP、個人消費
1/27(金)   22:30 米・耐久財受注
1/28(土)   00:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数


絶対的投資
「これで勝てないわけがない」
成功率が高いこの手法を実践して下さい。
http://gentle-stock.com/index.php?lp=0007_1

カテゴリ :ドラゴンストラテジー実践 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫